2011年08月03日 (水) | Edit |
今日はまった~り記事でございますよ。
プチハプニングも起きてないので、今日は漫画とアニメの話でも!

アニメの話は青のエクソシストをば。
原作からとうとう話はずれていくようですね…。
やっぱり10月ガンダムなのかなあの枠は??

しかし、キタよ。
オリジナルの女子!!
しかも坊にしがみつくしぃ~~だぁ~れぇ~だぁ~~(怨)
でも坊の照れる様子は可愛いです。
だから許す!!(何者発言 笑)

ブログ絵242

ホントだったらここから長い間、燐とみんなの間に亀裂的なものが入るわけですが。
結構悲しい話なんで、そこをスッパリ切ってくれるのは嬉しいかもv
どうせ仲直りするんだし(笑)

結局アニメが始まる前に、ちょくちょく記事書くかもv
とか言いつつ、青エク始まってから全然記事書いてませんでしたが(笑)
ヒッソリと見ておりました、ええ。

さて、話し変わって。
最近漫画の続編を色々購入してきたのですが、ちょっと感想というかを書いてみようかなぁと。
ちょこっと書いてみたかったのです。

『妖狐×僕SS』いぬぼくシークレットサービス

5巻が発売ということで楽しみに買って来ましたよ。
内容は遥か昔に、妖怪と人間が交わって生まれた存在が、定期的に同じ血族に『先祖返り』として妖怪の能力を備えて生まれてくる話です。
ええ…と。
説明難しい。
まあ、先祖がえりは結局人間から産まれるけど所詮妖怪で、何度も同じ一族から産まれてくるけど、それは同じ人物で転生し続けているっていう、ちょっと悲しい話です。
って、やっぱり上手く説明出来ないや(笑)

とりあえず、アニメ化らしいんで放映地区の人は見れば良いと思うv(投げやり)
あ、あと。
ココからはネタバレもあるので、先を知りたくない人は見てはいけない…。

私は人外なキャラクターが大好きなんで絵柄は可愛い系だけど面白そうだと買った漫画ですが。
所々激しく面白くて大変買ったのを満足してます。
ちなみにツボは蜻蛉(カゲロウ)鬼の先祖返りです。
初め…肉便器な発言はどうだろうかと、微妙に引きましたが…。
すでに5巻…。
もう慣れました。むしろドSだの調教だのの発言が変にツボに入っております。
カゲロウマジック☆

見た目だと一反木綿の反ノ塚。
あのヤル気のなさそうな、それで良いお兄ちゃんぷりがかなり好きだったのですが、5巻にしてどうやら一人年齢がずれて40代になっている模様…。
まわりが10代なんでなんか浮いてます、どうやら23年前の百鬼夜行で命を失わなかったみたい。
所詮は一反木綿…戦えないモンね(笑)

お気に入りは野ばらちゃん。雪女。
超女子好きな女の子です。
前は年上キャラだったけど今は主人公たちとほぼタメで綺麗系美女ですよ。
色んな形の乳を愛しなさい!っていうステキ女子です。
なにげに、反ノ塚と良い仲になれば良いのにって思っていたのですが…所詮は女子好き。
そして反ノ塚は巨乳好き、残念なことに『今』の野ばらちゃんは貧乳なんだよね。

とはいえ。
絶対に反ノ塚と野ばらちゃんは意識はし合っているような…。
いや、野ばら→反ノ塚で絶対に微妙に意識してるはず!!
……………。
生まれ変わるたんびにこう、微妙に気になる間柄でずっと繰り返して転生しあってたら、不毛だなぁ~うう。

とまあ話は戻って。
周りにはまだまだ色んな妖怪の先祖返りがいますが、まあ、とりあず置いておいて。

主人公たちの話をします、タイトルからしてこれを外して話は進まないしね。

主人公は鬼の先祖返りの凛々蝶。
ニュータイプのツンシュンです。
ツンとしてしまって、いつも後悔でシュンとする小柄な色白の黒髪な少女です。
一見すると口が悪いお金持ちの女の子ですが、実は優しい良い子なんですよ。
真面目だし!

で、主人公が大好きな妖狐の先祖返りの御狐神くん(みけつかみ)
かなりおかしいです、主人公を愛しすぎて病んでます。
久しぶりに4コマギャグ並に病んでいて、痛々しくてステキです。
とにかくピュアで純粋な真っ黒キャラ。

基本生い立ちとかも性格に関係してくるみたいですが、彼らはみんな生まれ変ってきても基本『同じ魂』で同じような人生を送るような出来ているそうで、転生を繰り返しても同じような人生を毎回送ってきているようです。
とにかく同じ一族からしか生まれてこないので、大規模な一族の引越しでもないかぎり周りの先祖返りのメンバーは変わらないんだよね。

毎回毎回、一体何度生まれ変ってきているのかわかりませんが、ずっと同じようなメンバーで恋愛とか戦いとかしているのかと思うと切ないです。
排他的?
不毛??

この話の落としどころがどこなのか非常に気になります。
ハッピーエンドなんてあるのかな??
まあ、普通に面白いんで最終巻まで漫画買うと思うけど、5巻読んで『う~~』ってなりました…。
転生とか言い始めると、世界が無限ぐらいの勢いでオシマイが見えなくて、広い広大な原野にぽつんと立たされるような不安感になるね!
うん!!
俺は人間で良かった!!!(まとめ)
スポンサーサイト
テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック
2010年04月21日 (水) | Edit |
今日は久しぶりに好きな漫画の話でもしようかと思います。
カテゴリで好きな漫画(00,10年代)を埋めたいので(笑)今回はこの漫画をご紹介!

ちなみに、好きな漫画とかゲーム順にこの手の記事を書いている訳じゃなくて、完全ランダムです、思い出したように書いてるだけ~。

ブログ絵38

『道士郎でござる』ですvv
西森博之先生の不良漫画?な学園コメディ、いや、ギャグマンガです(笑)
週刊少年サンデーで2004年から2006年の一年半ぐらい連載してたんですけど、これ、かなり面白くて巻数は8巻で終了だったので、もうちょっと長く見たかったって印象です。
もともと西森先生の作品では『今日から俺は!!』が好きなんですが、この道士郎はそれを上行く面白さでした!
ギャグとしては申し分ないお笑い度だったvv

まあ、先生の作品は基本、ヤンキー漫画って言われる作品なんでかなり好き嫌いが分かれるジャンルなんですが、
熱い友情モノが見たいならかなりお奨めです!
必殺パンチもキックもありませんが、かなりモエモエできます。
男同士の友情…ふぅ…文字がすでに萌える(病)

ちなみに内容は。
帰国子女の道士郎は幼い頃父親にアメリカのネバダに連れて行かれて、ター族(ネイティブ)の特殊スキルを身につけ、心は武士にされて日本に帰ってきた。
そして一般人の健助君(小市民)を勝手に殿と決め何処までもお供すると決めたのでした!
みたいな話です、超迷惑な人物、道士郎。
でも熱いです、殿への忠義!!(笑)
なにせ武士、悪者を退治したいので、健助くんはドンドンその手の話に巻き込まれていきます。
足が速いだけでひ弱な健助君…でも頭も感も悪くないから、上手いこと事を収めていきます。
でも口に出さないけど、道士郎にいつも激しい突っ込みをしてます。
ここが笑えるんですよー!!(大爆笑です)
そしていつも思考が止まる、そして諦めて腹をくくる(逃げ場がないから 笑)

ちなみに、この漫画ではカプとか想像してません。
しなくても終始面白いから問題ないんです、連載中とか雑誌立ち読みで笑いを堪えるのが大変でしたよ、含み笑いでなんとか耐える(笑)

とにかくずば抜けて強いんです道士郎。
でも主人公は健助なんで、最後のヤクザとの戦いでは出てこないのですが、バッタバッタと敵をなぎ倒すサマは爽快です。
もっとも西森先生の作品の主人公は全員強いので、いつも敵は飛んで行きます(笑)
健助は最後の戦いではパトカーに飛んだっけ…ふふふ。

この文章だけだとちょっと意味不明ですが、とにかく面白いんでお奨めなんで、
どこぞで立ち読みする機会がありましたら見てやってくださいv

拍手コメントの返信(反転)

成さんへ
ホットモットのお弁当、美味しいですよね~。
でも家の近くは分裂した『ほっか』の方です、最近お弁当の内容がぜんぜん違う…。