--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月26日 (水) | Edit |
今日は久々に好きだった漫画を語ろうかなぁ~と思います。

椎名高志先生の『GS美神 極楽大作戦』
91年~99年までサンデーで連載していた当時アニメ化までした作品です。

内容は幽霊、妖怪をお金を貰って祓って行くゴーストスイーパーなる職業の主人公である社長美神とアルバイトの横島君の、チン事件から凶悪事件、そして前世の因縁までからむ壮大な話です。
そいうえば漫画の中も初めはバブルで景気がいいですが、中盤から世の中の不景気に左右されえたりしてたっけ?
なにせ出てる巻数が半端ないですからね、長いです、世界の危機も何度も訪れます(笑)
ストーリーはけっこうまじめだったりするのですが、出演キャラが変なので随所にギャグが散らばってます。

ブログ絵52

横島君大好き!!
女好きで、軟弱v
でもストーリーが進むに連れてドンドン強くなっていく様がとってもカッコいいですv
すべては煩悩パワーによるものですが(後半そうでもないけど)
基本、出来る両親のDNAを引き継いでいる横島くんですから、商いの才能もあるし手先も器用…。
本人はモテないって思ってるけど実は妖怪、幽霊以外にもけっこう好かれてるし。
私も惚れますよぉ~。ああ、ホント、あのヨワッチイ処と強いところの割りあいが微妙です。
名言もいっぱいあるし。
私の一押しは
『権利は好きだけど義務は嫌』(笑)
あと友達は
女性への名言として『ちち、しり、ふともも!!』ってよく言います(笑)
いや、カッコいい台詞も沢山言ってるんですが、どうも記憶には残らないみたいな。

主人公の美神も好きですよ、
腕が立って運もある。
しかもナイスバディだし、お金も大好きだし!!(萌)
今思えば私の好きな女性キャラのタイプって大部分、美神の影響だと思う。

未来から来た横島くんいわく、二人は夫婦になるみたいですが、その尻の敷かれようと言うか、手のひらで転がされてる感がまたたまらなかったりします。
もっとも夫婦にならなくても十分ストーリー中盤で横島くんが女の子にチヤホヤされると、美神は嫉妬してて漫画読んでても楽しかったかも。

他にも幽霊のおきぬちゃんとか吸血鬼とのハーフのピートとかエミとか…楽しいキャラが沢山います、魔族も竜族も神族も多いし。とにかく紹介しきれないです、キャラ沢山居るから(汗)

GS美神、また読みたいなぁ~。
とはいえ、ホントに巻数が多くて結婚して引っ越す時持ってこなかったんだよね(汗)
この漫画も文庫版が出ればいいのに、小学館サン…たのむよ…。

ちなみに、椎名先生が連載していた、銭湯とかジパングとかも面白かったけど全部打ち切りでしたね、チルドレンが当たって凄い嬉しかったです(涙)でもアニメが終わると漫画の勢いが落ちがちなので心配です!
チルドレン…賢木先生大好き…(笑)
スポンサーサイト
2010年03月07日 (日) | Edit |
たまにこれから昔好きだった漫画やゲームの事でも語ってみようかなとか思います。
せっかくのブログだしブツブツ呟こうと(笑)
昔の話題なのである程度の年代にしかわからない所がミソです。

今日は『ダイの大冒険』を語ります。
ジャンプで1980年後半らか90年代半ばまでやっていた人気漫画です。
アニメ化も好評だった記憶がありますが、途中で打ち切りという悲惨な目にあったとも記憶が…。

好きでした!面白かった!!
まだダイの連載中は本屋に勤めていたので、ジャンプの包装を破って誰よりも先に読んでいた記憶があります(笑)
新潟なんで早売りなんてないので、本屋に勤めるのが一番早く漫画が読めるんですよね、ふふふ

内容はゲームのドラゴンクエストを元にしてますがオリジナルストーリー。
ドラクエみたいな家庭用ゲームはまだこの頃手を出していなかったものの、
エニックスが出していたDQ小説の挿絵がいのまたむつみ先生でそのキャラが好きで読んでいたので、
だいたいの内容は知っている…そんな程度だったのでダイ大のストーリーもすんなりでした。
呪文とか知ってたしv

とにかくキャラクター!
ポップにメロメロでしたよ~。

ブログ絵17


愛らしい…まさに萌えキャラ!!!(大興奮)
初めはヘタレで弱弱しかったけど、半ばからの勇気にドキドキしてました。
ダイを庇ってのメガンテは異様にカッコいいです。
自殺行為は嫌いですが、もうあれしかない!やるしか守れない!!
その状況でのあの泣き顔と台詞……泣かせます。そして悶えましたv
今思い出してもドキドキしますよ。
あと、女の子に弱い所も萌えるポイントだったり。
惚れっぽいというか、でもマァム一筋!そこが素敵だったv

最終決戦ではもうダイが主人公なのかポップが主人公なのかわからないぐらいの展開で、ポップファンには美味し過ぎる展開が続き漫画から目が離せなくなるんですよ。
作者的には勇者じゃなくて人間でもここまで出来る!人間は成長出来る!とういメッセージがあったとどこかで見ましたが、そこを見事に描ききってある作品だったと。

もちろん他のキャラクターも魅力的なのが一杯いて書ききれないんですが
やっぱり忘れられないのはアバン先生かとv
ストーリー当初で死亡したと思っていた、みんなの憧れアバン先生…。
まさか最終決戦で実は生きてたんですよぉ~。と出てきたのは凄い驚きでした。
そりゃーみんな驚くよ!ポップだって疑るよ!!
あの人、無駄にキラキラしてるし(笑)
でも先生の存在よりも一番の驚きはあの作品の時間経過ですよ…。
半年ぐらいの時間しか流れてない驚き。衝撃でした。
みんなの成長スピードは魔族にとって恐怖以外ないと思いました、ええ。
人間怖いっす(笑)

なにげに魔界編も楽しみにしてたんですが…稲田先生大丈夫ですかね?
冒険王ビィトも単行本買ってたので今でも気になります。
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。